歴史 - HISTORY

Peder Olsen(ペダー・オールセン)がデンマーク・フュン島郊外に小さな家具工房を開いたのは1908年、シバスト・ファニチャーの始まりです。シバスト・ファニチャーの創業者、Helge Sibast(ヘルゲ・シバスト)が生まれたのはちょうどこの1908年、父のペダー・オールセンが開いたばかりの家具工房で熱く仕事をしている時期でした。時が経ち、ヘルゲ・シバストは父と同じ木工職人としての道を歩み出します。彼の木工への思いは父同様に非常に強く、父の作った家具工房を引き継ぐことになりました。ここにシバスト・ファニチャーの基礎ができあがりました。

小さな家具工房であった会社は成長、発展を続け、1943年にはペダー・オールセンの3人の子供、ヘルゲ、オーレ、エマが会社を引き継ぎ、会社の名前を「シバスト・ファニチャー」としました。3人は精力的に働き、特にヘルゲ・シバストは3人の中でも家具職人としての腕が高く、そしてデザイン力に優れており後世に残る数々の名作をデザインしました。

Finn Juhl(フィン・ユール)と共に木工見習としての修行を重ねた、有名家具デザイナーArne Vodder(アルネ・ヴォッダー)との出会いは1950年代でした。以降はヘルゲ・シバストとアルネ・ヴォッダーとの強力な信頼関係から生まれた数多くの家具、ダイニングチェア、テーブル、サイドボードなどは、クラフトマンシップで作り上げられた機能的かつシンプルでありなが美しい家具として多くの人々を魅了し、デンマーク国内だけでなく、北欧諸国、ドイツ、イギリス、オーストラリア、そして遠くは日本にまでその魅力は伝わり、1960年代にはその噂はアメリカ ホワイトハウスにまで伝わり、いくつかの家具をホワイトハウスに納品することになりました。

ヘルゲ・シバストがシバストNo.7、そしてシバストNo.8をデザインしたのは同じ時期の1953年です。

ヘルゲ・シバストが亡くなるほんの1年前の1984年、シバスト一家はシバスト・ファニチャーを手放すことを決めました。ですが、ヘルゲ・シバストの3人の娘達は父のデザインの著作権は手放さず、シバスト・ファニチャーのヘリテージは家族で守っていくことに決めました。

シバスト・ファニチャーの創業者であるヘルゲ・シバストがデザインした数々の素晴らしい作品に魅せられたその孫、Ditlev Sibast(ディトレブ・シバスト)、そしてその妻のAnna Sibast(アナ・シバスト)はデンマークデザインクラシック「シバストNo.8」を復刻するため新生シバスト・ファニチャーを立ち上げました。デンマークデザインへの深い興味、そして祖父から受け継ぐデザインセンスで、2人はこれから復刻を含め数多くの作品を発表していきます。新しい作品を発表しようとも、祖父から引き継いだ「誇れるデンマークデザイン」、「クラフトマンシップ」、そして「家族の絆」、この3つは新しいシバスト・ファニチャーにおいても何ひとつぶれることはありません。